プロフィール

みー

Author:みー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


月と星と妖精ダスト

  蓮誕まであと・・・

検索サイト


Ranking


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

side キョ-コ


スパから…ここまでの移動時間。タクシーの中で赤裸々に語られたのは…


「いい?キョーコ…好きな人との愛あるセックスはね、女をきれいにしてくれるのよ?


蓮ちゃんは上手でしょう?あの子は小さい頃から何でもそつなくこなす子だったから…


女の子はね、男と違って誰かれ構わず欲情しない代わりに、特定の…そう愛する人とのエッチを重ねるうちにどんどんエッチになっていくのよ?それがセックスのうまい彼なら尚更!


それはね、恥ずかしいことなんかじゃないの。


女性の性欲って男性によって開発されていくものなんだから!


それにね、女性ホルモンの分泌が活発になって、いつまでも若々しく綺麗でいられるのよ。私みたいにね。

たまには…キョーコから誘ったり…そうね。いつもされるばっかりじゃなくて…してあげるのもいいと思うわ。


エッチな女の子を嫌いな男なんていないんだから!相手が好きな子であれば尚更喜んでくれるものよ?」


そう云って…私にはこれ以上説明できない~~~っっような…いろいろな技を披露?!伝授してくれた。


ホント…タクシーの運転手さんが日本語が通じない人でよかった…。///




だけど…ここ数日のわたしのモヤモヤ…は恥ずかしい事じゃないんだ…って言ってくれたみたいで…少しほっとしたの。だって…こんなことばっかり考えてるなんて…破廉恥極りないじゃない!!


今までの私じゃ考えられない…そうよ!私の体をこんなエッチな体にしたのはあの人なんだもん。


責任とってくれるって…言ったのに…


私が言ったあの日以来…結局…///




正直…監督やみんなにお膳立てされて…ってのが…恥ずかしすぎるけど…


せっかくこんなに素敵なところなんだもの…


旅の恥はかき捨て…ここは日本じゃないんだから…少しは私も積極的に攻めてみたって…いいよね?


されるがままなんてやっぱり悔しいし…上手くできるかわからないけど


碧子さんの技…試してみるわ!!





『 明日の6時に迎えに来ます。 素敵な夜を…


  PS 私の教えを無駄にしないこと!!  碧子より 』




碧子さんのメッセージを見て…恥ずかしさのあまり最初は絶句してしまったけど…


『師匠!!私頑張ってみます!!』 と闘志を燃やしていると…クオンが




「というわけだから…ご期待に添うとしようか…キョーコ」

いつになくさらっと言った。




「?」


何だろうこの違和感…いつもならここで帝王が降臨するところなのに…今日の彼は変わらない。


「こっちにきて…せっかくだからここの絶景を楽しもう?」


オーシャンフロントの大きな窓から見える無数の星たちは…白い砂浜をうっすらと照らしだし…暗闇に染まった海に見えるのは穏やかな波の白さだけ。


私の手を引いてテラスへと向かう彼の横顔に…エッチなことを考えてたのは私だけだった?!と、気恥ずかしさが込み上げる。




扉を開けて…潮の香りを感じながら…空を見上げれば降りそそぐような満天の星空…

私の下心なんて吹き飛ばしてしまうような…星空の美しさに目を奪われる。


「今はちょうど…ペルセウス流星群の活動時期だから…滞在中に流れ星を見ることができるかな?」


テラスの先端に手を置いて…空を見上げる。


「きれい…」


うっとりするような大自然の織りなすその美しさに酔いしれる…


砂浜と海と…降ってくるような星空…まるで…今この世界には二人だけしかいないみたいな静寂…


この世界に私と…クオンだけ…そう感じてしまうような…


サワワワ…と肌に気持ちのいい夜風が木々を揺らして、私を包み込むように後ろから抱きしめてきた彼が…星空を隠す。


空から降ってきたのは…星じゃなくて…キスだった。


優しいキスがシャワーのように私に降りそそぐ。




さっきまでの私の中の燻りは…潮風に溶けて…私を包む彼のぬくもりに癒されていく。




「ここ…南太平洋に暮らすポリネシアの人々の間に伝わる素敵な愛の儀式を聞いたんだけど…試してみる?」


「?」


「幸い…俺達を邪魔するものは何もないし…ゆっくりキョーコを感じることができるしね?」


時間さえもゆっくり流れているかのような…そんな南の国特有の開放的な雰囲気は…いつもより私を大胆にさせる。




彼の瞳に誘われて…一枚…一枚…この身を隠すものを解き放ち…生まれたままの姿へとなって…彼の胸へとその身を預ける。


逞しい彼の体に包まれて…ゆっくりと心地よい泡の中へとその身を沈めていく。


彼の手が私の敏感な部分をわざと避けるかのように…


ゆっくりと…体のラインをなぞっていく。


降りそそぐような星空の下…彼の優しいキスが少しずつ深くなっていって…


彼の指の動きのもどかしさに気分だけが高揚していく。


少しずつ…ゆっくりと彼の手が…指が…私の欲しい場所へと近づく。


直接触れられたわけじゃないのに…満ちていくのがわかる…。


早く…触れて欲しいと…おねだりをするかのように…


「焦らさないで…?」


と…つい口を衝いて出てしまった言葉…


あなたが欲しくて堪らないの。




「愛してるよ」




そう云って唇を塞ぐ彼に…私は…


濡れたカラダ…水面から出てきた彼自身に手を当てて…


彼の唇からその舌先を彼の首筋へと這わせて…


近づいていく…初めての行為。




「キョー…コ?」




彼の逞しい胸の先端を艶めかしく口に含み…覗き込む。


彼の切ない顔を…声を…この目と耳に刻むように…艶めいた瞳で見上げる。


今日の私は…いつもの私じゃない…。


彼が焦らすなら…私が主導権を握る。


いつもは…私がされている行為…


彼の乳首の近くに愛咬の痕を残す…


そしてさらに舌を這わせ…彼自身を口に含み…舌先で彼を味わう。


初めてのその味は…少し苦い。


だけど…私に触れて…激しく掻き混ぜて欲しいと…


その想いを乗せて…愛しい彼をその口いっぱいに咥え込む。


慣れないその行為は…たどたどしくも彼に快楽をもたらしているようで…


さらに大きさを増した彼が私を求めだす…はず…




「キョーコ…いけない子だね?そんなこと覚えてくるなんて…」


頭上から降ってきた言葉に私は抗う。


「だって…欲しいんだもの…えっちな女の子は嫌い?」


見上げたその先には…帝王の彼がいた。







side 蓮




ここに来る前に…スタッフから聞いた話題になってるというポリネシアンセックス…この地方の人々が昔から愛する人と愛を高める為に行なってきたというというその行為は…まだ若い俺達には早かったのかもしれない。


ただ…愛を感じ合えるならば…やり方なんてこだわる必要もない…


こうしてキョーコからこんなに求められただけでも…試した価値はある。


先日といい…最近のキョーコは…彼女からの愛が感じられることに喜びを隠せない。




キョーコが…その扇情的な目で俺をみつめ…俺自身へと手を伸ばし求めてくれる。


この南国の雰囲気が彼女の中の女を引きだしたのか…


いつもじゃ考えられない彼女のその行動に驚かされる。


欲望に忠実…


本音を包み隠さずに本能のままに求める…愛しい君を。




ジャクジーからベッドへ移動して…濡れた身体のまま…シーツの海へと泳ぎだす彼女を掴まえる。


彼女の足先を口に含み…持ち上げた太腿をなぞる…


そして彼女自身の雫で濡れたそこへ口づけ…その雫を味わう。


「はあっあぁんっ…もっと…おねがい…あっぁん…」


彼女の可愛い啼き声に…煽られる。


舌を差し入れ割れ目をなぞり…十分に潤んでいるソコへ…


ゴムをつけて自身をあてがう。


一気に貫いて…そのまま…更に胸へと手を伸ばし…胸を優しく愛撫する。


彼女を抱き起こし…その胸に顔をうずめて…


舌先で刺激する…彼女の弱い部分を…


快楽の波に呑みこまれた彼女が俺を締め付ける。


まだ…まだだ…気を抜くと逝かされそうになる…


吸いつくように俺自身を絡め取る彼女の中で…


溶けあうその瞬間まで我慢をする。


俺を咥えたままの彼女が…胸への愛撫で達したのを確認すると…


片手で支えながら腰の動きを激しくさせていく。


腕の中で上下する彼女のその表情に煽られながら…


加速していくその動きに…


「あっ…あっあぁん~だめぇ…またっあぁあぁん…いっ…ちゃぁ…う」


「一緒に…はっ…ぁっ…はっ…いこうっ…キョ-コっ!!」


「いやぁん…はあっっああん~~~っ!!」


キョーコに覆いかぶさるようにベッドに倒れ込む…


とろんとした目で俺を見上げたキョーコが


「好き…だいすき…クオンっ…」


キスをねだるその仕草に…柔かい笑みが零れる。


「俺も好きだよ…キョーコ」


そして唇をまた重ね…舌を絡め合う。


彼女の中でまた反応しだす俺に…


「やっぱり…こうじゃなきゃ…貴方らしくない。」


ふふふって笑う彼女に…


「その余裕…いつまで持つかな?」


にやりと笑って見せた。




そうして…恋人達の熱い夜は…まだまだ続くのであった。 




『碧子さんの差し入れに感謝しなきゃだな。』


キョーコに見せた手紙…その裏には…




『 蓮ちゃんへ


  監督からのサプライズを楽しんでね。


  私からの差し入れはこの引き出しの中に!!


  明日も撮影があるんだから…ほどほどにね。  碧子より 』




引き出しにはアレが…!!


思わず苦笑いしてしまったが…1箱か…よしっ…と




笑う…帝王の彼がいたのをキョーコは知らない。




→ 135話へ


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

side 蓮





彼女と二人…食後のコーヒーも飲み終わったけど…さっきからずっと黙ったままの彼女。明日はジュリと隼人のベッドシーンの撮影がある。


…緒方監督が心配していた通り…このままじゃ撮影なんて無理だろう。


今日は帰りの車の中でも…いつもよりずっと、口数が少なくて…戸惑っているのがよくわかる。


だからこそ…じゃなくて、俺は俺の感じている素直な気持ちを…彼女に伝えたいと思った。




「キョーコ、お願いがあるんだけど…」


静寂を破った俺の言葉に、ビクッと体を強張らせて…うつむく彼女…


その頬を両手で包み、自分に向けさせる。


「…初めて君の体に触れることが許されるのが…演技の中で…っていうのがイヤなんだ。本当は君のそんな姿…誰にも見せたくないんだけど。


…ごめん。酷なことを云ってるって分かってる…でも…」


次の言葉は彼女に遮られてしまった。


彼女が…俺の胸に体を預けてきたから…


そして、頬を染め潤んだ瞳で見上げてくる…。この顔はヤバイんだって…


心で呟きながら、彼女の言葉を待つ。


「…私…私だって同じです…。


…というか、どう演じたらいいのかさえ、全く分からない。でも…」


「…。」


彼女の次の言葉を静かに待ちながら…期待が膨らんでくる。


「…私…変なんです。」


変?…何を云うつもりなんだろう…。


「つ…敦賀さんのこと好きって…伝えてから…その…キスが嬉しくて…


抱きしめられると…すごく胸がドキドキして苦しいのに…なんだか安心できて…腕が離れるのが…寂しくて…もっと…もっと触れてほしいって…。


自分でもよくわからないんですけど、体の奥が…なんか熱を持ってるような…。


…私の体、どこか…おかしいんでしょうか?」


すごく真剣な顔で…こんなかわいいことを云う彼女が愛しくてたまらなくて…


俺は彼女に囁いた。


「おかしくなんてないよ。君も俺と同じ…体の方が正直なのかもしれないね。」


「えっ?」


「俺は…きみとひとつになりたい…。」


「ひとつ…って。て…エッ?…ソ…ソレ…ハ…」


彼女は全身を真っ赤にして片言になってしまった。


「俺が先にシャワー浴びてくるから…君も浴びておいで。…寝室で待ってる。」


そう云って…バスルームへ向かった。




********




部屋を暗くして…バスローブ姿でベッドに座り…彼女を待つ。


遠くでシャワーを浴びる音が聞こえてきた。




緊張する。




行為そのものは初めてじゃないのに…これから彼女を抱ける…と思うと、うるさいくらい心臓が高鳴って…かいたことのない手のひらにも…汗をかいてる。


だけど平然を装って…彼女が来るのを静かに待つ。




…待ったけど…来ない。




ひょっとして…のぼせて倒れた…?




俺は急いでバスルームに向かうと、小さくうずくまっている彼女を見つけた。


「大丈夫?」


かがんで彼女に目線を合わせて尋ねると…


あの…私…その…胸が小さくて…その…。」


真っ赤になりながら…上目遣いに涙目でみつめてくる彼女を俺は強く抱きしめた。


「大きさなんか関係ない。」


そして彼女を横抱きに抱えあげて


「俺を…こんなに煽るなんて、君は…本当に悪い娘だね。」


そう云って寝室に連れて行った。ぎゅっと目をつぶったままの彼女をベッドに座らせて…彼女の手を自分の胸に押しつけた。


ドクッドクッドクッ…俺の早鐘を打つような鼓動に…彼女が柔かな微笑みを浮かべ始める。


「私だけじゃ…ないんですね。」




初めて本気で好きになった子を抱くんだ…余裕なんてあるわけがない…。


でも、明日は撮影も控えてる…彼女に痕をつけるわけにはいかない…


俺は自分の欲情を抑えつつ…彼女に触れられる喜びを噛み締めていた。




俺を見つめる彼女と目を合わせ…


「キョーコ…愛してる。」


そう囁いて…彼女の柔かい唇に自分のを重ねた。優しく啄ばむように…何度も重ねながら、少しずつ深くなっていく口づけ…。


何度となく交わしてきたその深い口づけに、彼女も応えてくれるようになっていた。


絡み合う舌と舌…唇を離しても…銀の滴で繋がっている。


彼女がキスの余韻の中にいるうちに、そっとバスローブの下…彼女の背中に手を回し、下着を外しながらゆっくりと倒していく。


彼女は急に心もとなくなった胸に体を少し強張らせた。


俺はまた彼女の唇を塞ぎ、深いキスを重ねながら、首筋から鎖骨へと舌を這わせていく。


手のひらにちょうどおさまる彼女の胸を、左手で優しく揉みしだきながら…右手でもう片方の頂きをつまむ。


彼女の胸は初めての愛撫に…その頂を尖らせる。


鎖骨からさらに下へと這わせた舌で、その頂を舐めあげる。


敏感な彼女の体がビクッと跳ねる。


キョーコは自分の体の変化についていけなくて…羞恥に体を染め上げた。


彼女の白い柔肌がうっすらと桃色を帯びて…つけてはいけない紅い花をその頂近くに咲かせる。


「…あっ…ぅふん…」


思わず漏れた自分の声に…彼女は自分の手で顔を隠してしまった。


尚も続く胸への愛撫に…零れる吐息を自分の手を噛むことで押し殺そうとしている。


俺は右手で彼女の両手を頭上に縫いとめて、彼女の耳元に囁く。


「君の可愛い声を聞かせて…。」


「いやぁんっ…恥ずかしいぃのに。あ…ぁんっだめぇっ…へんな声が…ぁんで…ちゃうぅ。」


「すごくかわいいよ。キョーコ…もっと聞かせて…。」


「そ…んなぁ…ひ…あっぁん…どいです。は…ずかしぃいん・・のにっ…いやぁんっ」


彼女の声に、高ぶってくる自分を感じながら…彼女の胸の頂きを甘く噛みながら、もう一方の手を下に伸ばしていく。


自分でも触ったことがないであろう彼女の秘所に指を伸ばす。


彼女のソコはしっとりと湿り気を帯びていて…下着の上からでも濡れているのがわかった。


「よかった…感じてくれてるんだね。」


下着の脇から指を忍び込ませ、分け目をなぞると彼女は体を大きくのけぞらせ反応する。


「いやぁんっ…そんな…とこ…」


俺は、彼女の腕を縫いとめていた手を外し、彼女を隠す最後の布を取り去ってそのまま両足を持ち上げ彼女の秘所に舌を這わす。


「だめぇっ…そ・・・んなとこ…きた…なっあんっ」


「そんなことないよ。とてもきれいだ。キョーコのココ。」


彼女の一番敏感な部分に舌を這わせ、更に強弱をつけて…吸い上げる。


そして、十分に濡れそぼった彼女のソコに指を1本入れる…。


「…イタッ」


彼女のソコは初めての異物の侵入を拒む…。せまいな…。


俺は彼女のソコに舌を這わせ十分に濡らしたところで少しずつ柔かく押し広げ…指を増やしていく。舌と同時に抜差しを激しくしていくと…


彼女の声が、卑猥で甘く切ないものへと変わっていく。


「いやぁ…あぁんっなんか…な…あぁんか…でちゃ…うぅっ。」


俺は体を起こし、手の動きは緩めずに彼女の唇を塞ぐ。




彼女の体から力が抜けた。




放心状態となっている彼女に…




「ごめんね…痛い…と思うけど、俺も限界…。…君と…ひとつになってもいい?」




→ 42話へ(アメンバー様限定)








web拍手 by FC2
☆Novel contents☆ 

2010.2月に書き始めた作品です。
26巻 ACT.152バイオレンスミッションフェーズ1以降の展開は含まれておりません。

Switch ~君を守りたい~☆contents☆ 


...Read more♪


web拍手 by FC2
☆Novel contents☆ 

2010.2月に書き始めた作品です。
26巻 ACT.152バイオレンスミッションフェーズ1以降の展開は含まれておりません。

Switch ~君を守りたい~☆contents☆ 


...Read more♪


web拍手 by FC2
☆Novel contents☆ 

2010.2月に書き始めた作品です。
26巻 ACT.152バイオレンスミッションフェーズ1以降の展開は含まれておりません。

Switch ~君を守りたい~☆contents☆ 


...Read more♪


web拍手 by FC2

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。