プロフィール

みー

Author:みー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


月と星と妖精ダスト

  蓮誕まであと・・・

検索サイト


Ranking


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

総合もくじ ☆ a guardian angel


アメンバー様THANKS企画 1500人達成記念 第5弾


社×キョなお話…本誌ネタバレ含む ダメな方はリターンで宜しくです。 ごあいさつ




ハート LIAR  - ACT.11 -  

 

蓮×キョ ハート な エンディングをみたい貴方に捧げます。

(SIDE 社)

インターフォンが鳴った…けど、俺は聞こえない振りをしてそのまま口づけた。

それは深く舌を絡ませた大人のキス。
奪うような激しいものじゃなく、優しく包み込むような甘いキス。

できることなら俺が、震えるその体を優しく包み込んであげたい。

怖がらないで、…俺が守ってあげるから、
俺が      …だけど、終わりの時は近づいていた。

         もう、そこまで蓮が来てる。

キョーコちゃんの好きな、キョーコちゃんを愛してる男…が。

俺の出る幕なんかない。そう、俺はここにいちゃいけないんだ。

自覚したばかりの気持ちも、今ならまだ傷は浅い。俺は彼女から離れるとベッドから立ち上がった。

「社…さん?」

なんでって顔で俺を見上げるキョーコちゃんの耳にも、聞こえたはずのインターフォン。
2度目の音と同時に鳴り出したのは彼女の携帯。
だから、俺は笑顔で     … 手の掛かる二人を結びつけるピエロになってあげる。

「ほら、幸せになりたいんなら出なきゃ…本当に後悔するよ?」

「え…だって…」

まさか…と信じられない顔をしたまま静かにドアフォンに近づくキョーコちゃん。
そして、モニター画面に映る蓮に気づいて、キョーコちゃんは息を呑んだ。

「なんで…敦賀さんが…だってさっき…」

戸惑いを隠せないキョーコちゃんの肩に触れて優しく促してあげる。

「人目につかないうちに…入れてあげてくれないかな?」

蓮のマネジャーとしての言葉だと理解した彼女が…小さな声で告げた。

「どうぞ…入ってください…」

これで、俺の出番は終わり、後は二人で…余計な存在は消えたほうがいい。
と、その前にコレだけは口止めをしておかなくちゃ    

「キョーコちゃん…さっきのキスは、蓮には内緒だよ?」

そう云ってウインクをすると俺はいつもの俺に戻っていく。

「え…あのっ…社さんっっ…」

「俺も命が惜しいからね?」

闇の国の蓮さんを想像してしまった俺たちは…青い顔をしてぶるるっと体を震えさせた。
そんなコントをわざとしてみたりして、さっきまでの雰囲気を払拭させた俺たちは…
静かに目を見合わせた。

「素直にならなきゃ…ダメだよ?…大丈夫だから」

頑張れ!キョーコちゃん…応援してるから…。

俺は後悔…なんてしない、うん…コレでよかったんだよ。
今ならまだ…引き返せる。
少しだけ胸が痛むけど…そんなの時間が解決してくれる。

やっぱり、二人に…幸せになってもらいたいしね。

ドアを開けると、目の前には蓮がいた。蓮の手に握られていたのは携帯と俺の手帳。

「社さん…コレ…」

目の前に差し出された手帳を受け取ると、俺は何もなかったみたいに笑って云った。

「そうそう、この手帳がないと連絡できないの忘れてたよ。」

「社さん…俺、」

蓮の何か言いたそうな顔に、遅いぞって…本当だったら、からかってやるところなんだけど
さすがに…今の心境じゃそこまでできなかった。
本気で好きになりかけてたから…蓮には内緒でキスをした後ろめたさもあったしね。

だから、その懺悔もかねて…俺はこんな言葉を選んだ。
手帳を開きながら      

「まいったな~蓮が過労で倒れるなんて、仕方ない…今日は一日安静にして誰かに看病でもしてもらうか?」

「…え?」

「後のことは俺に任せて…ちゃんとキョーコちゃんに伝えろよ?」

そう云うと、蓮は嬉しそうに笑って云った。

「…ありがとうございます」

「…礼はいいから、ほら、キョーコちゃん待ってるぞ?」

そう云って背中を押した俺は、振り返らずに部屋を後にした。

俺、ちゃんとマネジャーとして云えてたよな?…そう思いながらマンションを煽いだ。

太陽は空高く上って、青い空が目に痛かった。

***

(SIDE 蓮)

気まずそうに視線を逸らして…俺を見ようとはしない彼女が部屋で待ってた。

俺は…そんな彼女に訊いた。

「なんで…あんな嘘ついたの?」

「……」

返事をしてくれない彼女に近づこうとすると、近づいた分遠ざかろうとする。

「都合よく解釈するよ?俺に嘘をついた…その理由」

彼女を壁際まで追い詰めて、耳元で囁く。

「前にも言ったよね…沈黙は肯定…違うなら違うって言わなきゃ…」

そのまま顔を固定して、彼女を腕の檻に閉じ込める。
すると、目を合わせないまま…彼女が応えた。

「確かに…付き合ってるって云ったのは嘘です…でも、私は…」

でも     ? 社さんが好き…だなんて云わないよな?

胸にズキンと痛みが走って…さっきまでの自信がまた揺らいでいく。

「お願いだから…社さんが好き…なんて、その口で言わないでくれないか…」

情けないセリフ…だけど、君の口から他の男の名前は聞きたくなかった。

「私がっ…私が好きなのは…敦賀さんですっ///」

真っ赤な顔で…目を瞑ってそう云い切った彼女の声が胸に響く。

「…本当に…?」

( どうしよう、嬉しくて涙が出そうだ。)

心はどうしようもなく歓喜に震えているのに、
素の俺は…こういう時、無表情で固まってしまうらしい。

そんな俺の表情を見て、彼女がまた俯きながら呟いた。

「ごめんなさい…やっぱり、迷惑ですよね…
でも、自分に素直になるって、約束したから…」

「迷惑…だなんて、なんで決めつける…?喜んでる俺がバカみたいじゃないか…///」

「え?」

すごく驚いた顔で俺を見上げた彼女に…真っ赤な顔で俺も想いを告げた。

「好きだ…俺も君が好きなんだ///」

そう云ってそのまま彼女をギュッと抱きしめた。
真っ赤な顔を見られたくなくて…
腕の中の彼女に、く、苦しいっですって云われるほど…テンパってた俺がそこにいた。

それから、昨日起きたことをぜんぶ…彼女から聞かせてもらった。

彼女の部屋で、初めて恋人として過ごす時間…だけど、俺は少し不機嫌だった。

「それじゃ、昨日は…社さんの腕の中で        ?」

「といっても、社さんは泥酔しててぐっすり眠ってたし…何もな…」

無防備な彼女の行動に、口調は穏かでも俺は苛立ちを隠せない。

「ふぅ~ん…男の腕の中で一夜を明かしたんだね…」

社さんはパンツ1枚…彼女はキャミソール姿…
何が起きてもおかしくないだけの状況じゃないか!

また、怯えさせてしまってることに気づいたけど…

「ヒィッ…で、でも…ヒール兄妹の時だって同じようなことがあったじゃないですかっっ」

彼女の言葉に心の中で反論する…。
それは俺と…だろう?例え社さんと言えども、やっぱり…イヤだ。
付き合う前のことで怒るのも大人気ない…とわかっていても、やっぱりイヤなんだ。

「!!」

彼女に云われて…今更ながらに、気づいてしまった。自分の独占欲の強さに    
そう、俺は自覚する前から同じように腹を立ててたんだって気づいたら急に恥かしくなった。

「ごめん、妬いてるだけ…///」

ずっと想ってた心の奥で…俺だけを見て欲しい…って      

「///」

彼女は綺麗になった。
男のあしらい方も上手になってきたけど…好きだから心配なんだ。
時折、俺さえも翻弄するような嘘をつけるようになったわけだし…

そう思ったら、つい訊いていた。

「ねぇ…本当にそれだけ?」

すると、彼女はいつかみたいに俺をするっとかわす…ように艶めいた顔で言ったんだ。

「…何かあったほうがよかったですか?」

その表情にドキッとした…彼女のほうが上手かもしれないって…。
だけど、俺も負けてられないから      

「じゃあ、体に訊いてみようか?」

って…そう、ほんの冗談のつもりでそう云ったんだ。だけど彼女は    

「それじゃ、敦賀さんが私の初めての人になってくれますか?」

って、俺の首に腕を回して…キスをしてきたから…何か誤魔化されたような気もしたけど、初めて味わう唇の甘さには勝てなくて…そのまま。


LIAR …           

本当の姿を打ち明けた時、彼女は泣きながら、
俺に嘘つきって可愛く怒って抱きついてきたけど…

一番嘘が上手だったのは…彼女だったのかもしれない。

~FIN~
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。