プロフィール

みー

Author:みー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


月と星と妖精ダスト

  蓮誕まであと・・・

検索サイト


Ranking


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
☆Novel contents☆ 

本誌続き妄想です。ネタバレNGな方は華麗にスルーしてくださいませ~。

o0800066712268968674_convert_20121106110437.jpg

光のさす場所へ ~ 創生 ~ ACT.9

(それまでのお話)1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話

アタシが兄さんを連れていってア・ゲ・ル         
(SIDE 蓮)

「お前のことが好きだって…言ってんだよっ…わかれよっ」

聞こえてきたアイツの告白…ソレに驚いて固まったあの娘が見えた。

固まったままのあの娘にキスしようとするアイツをみて、俺は思わず叫んでた。

「やめろっっ・・・」

声に反応したアイツの動きが止まる…

「早く彼女を離せ…」

二人を前にして俺は、自分の心が嫉妬で黒く染まっていくのを感じた。
と同時にフラッシュバックするのは、この前の二人の姿…

なんで、また      …っ

俺の知らないところで繋がってる…断ち切れない関係に苛立ちが募る。

連絡手段は断ったのに…っ

いや、断ったから…アイツが会いに来た?

おびただしい数の着暦が、アイツの行動を物語る。
だからって…この状況が許せるわけじゃない…。

易々とアイツに掴まるなんて…
しかも、アイツから告白された挙句、あの娘はまた…その唇を許そうとしてた。

『アタシは兄さんがいれば、他には何もいらない…
…兄さんが好きよ?』


「アイツよりも     ?」

『当たり前じゃない…』

ソレは、彼女自身の言葉じゃなかった。
それでも、俺はソレに救われたというのに     …。

あの娘は、俺の本当の気持ちになんて気づいていない…。

あの娘は      …やっぱり、アイツを選ぶのか?

激しい焦燥と嫉妬が俺の中で焔をあげた。

不破と言葉を交わすたび、ガタガタと箱を揺らし、
何重にも鎖を巻いて封じたアイツがまた    出てこようとする。

眠ってしまったあの娘にわざと残したキスマーク…
…鎮めたはずの怒りが再燃する。

「…あぁ、知りたいね?…なんでアンタがキョーコにキスマークをつけたのか」

なんで   ? …理由なんてわかってるだろう?

「…キスマーク?って、えぇ~~っ??」

驚きの声を上げた社さんの隣で、恥かしそうに頬を染め…戸惑う彼女が映った。

その反応は、俺がずっと望んでいたもの…

思わず無表情になる俺に、アイツが水をさすように言った。

「惚けるな…何の仕事してんだか知らねーけど、仕事だからって…女優の体に痕残していいのかよっ!」

…やっぱり、あの娘にとっては芝居でしかなかった?
仕事と言う言葉が俺に重く圧し掛かる。

「…仕事?…彼女がそう言ったのか?」

「…違うのか?」

違わない…俺の御守役を務めるのが彼女のミッションだ。
でも、俺は…仕事としてあの娘に触れたわけじゃない…。

あの日の俺は…『敦賀蓮』でさえいられなかったんだから…。

あの娘が欲しくて暴走した…本当の俺(クオン)

アイツじゃなく、クオン(俺)であの娘の中をいっぱいにしたかった。

「…仕事だったら、君の言う通り、俺が痕を残すはずがないだろう?」

ガコンと蓋を開け、のっそりと出てきたクオンはニヤリと笑った。

想いが同調する        俺とクオンがひとつになる。

冷酷な笑みを浮かべたクオンは、愉しそうにアイツから彼女を奪う算段を考え始めた。

そう、あの娘は途中で仕事を投げ出したりするような子じゃない…
チャンスはまだいくらでもあるじゃないか…。

だから、どんなに…不破があの娘に愛を囁こうとも関係ない。

すべて、塗り替えて      俺のものにすればいい。

簡単なことだ。

彼女の耳に舌を這わせ、その目を手で閉ざし…首筋に落したその痕をなぞる…

セツを演じるあの娘に、優しいカインの振りをして…腕の中に閉じ込めてしまえばいい。

何も知らないあの娘に快楽を与え、俺を欲しがるように…

不破の事を考える隙なんて与えなければいい…。

そんな俺の変化を        あの娘は見逃さなかった。

「ダメ…そっちに行かないで…お願い…」

縋るように祈るように…まるであの日と同じように俺を包み込む温もり。

その瞳に映すのは…俺だけ     

不破が必死に愛を叫ぼうとも、微動だにしないで…
まっすぐに俺だけをみつめ返してくる瞳。

温かくて優しい光の化身…まるで女神のような微笑に、すべて浄化されていくようだ。

そして俺は気づく、また、この娘に救われたのだと       

正気に戻った時、不破の姿はもうそこにはなかった。

彼女を懐に抱いたまま…社さんへと視線を移せば、視線に気づいた社さんが軽く目を見開いた。
そして…俺の表情を見て納得したかのように頷くと去っていった。

( さて…どうしようか… )

残された俺は、この状況をどうしようかと思案していた。

「つる…がさん?」

心配そうに腕の中から…俺を見上げる彼女が可愛くてドキッとした。

( 俺を選んでくれたって…思ってもいいんだよな? )

突然、舞い込んだシチュエーション…
それが、暴走し始めた俺を止める為の…無意識の行動なのだとしても…
彼女が俺を選んでくれたことに変わりはないんだと解釈することにした。

だから、俺は、わざとそれを印象付けるように言ったんだ。

「ありがとう…俺を選んでくれて…」

俺とだけは絶対に恋をしないといったのは…
まだ癒えてないと思ってた傷が…新しい恋を拒もうとしてるのだとしたら?

俺はこのチャンスを見逃さない。

「好きだよ…?」

頬にチュッとキスを落しながらそう告げた。

「え…?」

彼女は驚いた顔をして固まってしまった。そこに拒絶の色は見えない。
そんな彼女を見て安堵の笑みが零れる…。

( そうか、そうだったんだ…だったら、もう遠慮はしない )

「…それと感謝してる…」

何度も彼女の声に…温もりに助けられてきた。
お礼を言いながら、彼女の髪に口付けると…腕の中の彼女は少し複雑そうな顔を浮かべた。

聡い子だから、なにも聞いてはこないけど…
いつか君にはすべて打ち明けるから…
俺が自己闇に負けないよう…見守ってて欲しい。

すると、そんな俺に応えるかのように…。

「…私にできることがあれば、何でも言ってくださいね…?」

彼女は優しく微笑んだ。そんな彼女につられるように…笑顔になる俺。

改めて、交際を申し込もうと思ったが、俺たちをジーッとみつめる生暖かい視線を感じた俺は…

「最上さん…えと、とりあえず・・・行こうか?」

さりげなく彼女を促し、メイク車へと向かったのだった。

→ 10話へ続く
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

蓮さんw

ちゃんと「交際」申し込んでねーー!へたれてないで!(爆)

Re: 蓮さんw

うわっ、レス忘れてるしwww すみませんっ

たまにはへた蓮もww 
みーの書く蓮さん策士ばっかりですからねwww 

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。