プロフィール

みー

Author:みー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


月と星と妖精ダスト

  蓮誕まであと・・・

検索サイト


Ranking


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
☆Novel contents☆ 


本誌続き妄想です。ネタバレNGな方は華麗にスルーしてくださいませ~。にへ


ACT.196 続き妄想  シルシ “俺のお前”  10

(SIDE キョーコ)


「ア、アンターーーーーッッ、何てことすんのよぉ~~っっ!事務所から持たされてる携帯なのにっっ」

真っ二つに折れた携帯…うんともすんともいわなくなった真っ黒な画面をみて、私の脳裏には大魔王に変化した敦賀さんが浮かんだ。

いやぁあぁぁああああああ~~~~~~~~~~~~~っ

ど、どうしよう~~っっ めちゃくちゃ不自然に切れたわよね??
ブツンッッって…そう、この間の社さんの電話みたいに…

って~~、あぁ~っっあのアナウンスを聞いたら、壊れたんだって…敦賀さんなら絶対気づくわ!!
なんとかしようにもこの時間じゃショップも閉まってるだろうし、、、
何て言い訳すればいいのよぉ~~っっ!

ショータローに壊されたなんて、会ってたなんて知られたらどんな目に遭うか…っ

イヤァ~~ッ、こ、怖すぎる~~~~~っっ (←ブルブルと振るえ小動物化するキョーコさん)

すると、ショータローが…

「…アイツと待ち合わせてたとでもいうのかよ?」

その言葉に、思わず、ギクッ…と身体が反応してしまった。

もぉ~っ、バカバカっ、いくらこの後会うからって…
ヒール兄妹の事は極秘なんだからっっ 反応しちゃダメなのにっっ! 

て…そういえば、敦賀さんの仕事もこのスタジオの近くだった…気がする。

       もしかして、さっきの電話…

「最上さん、今どこかな?俺の方も仕事が終わったから、ついでだし、迎えに行こうかと思って…」

      なんて、電話だったかもしれない…やっ、だけど、それは困るっっ///

だって、最近の…ほにゃらら(←思い出すのも恥かしい兄さんとのアレやコレ)のせいで、、、
私…気がつくと、あのアホ面になってることが多くて、、、
だから、素で会うのは極力避けたいって、そう思って急いでたはずなのに…

             あの人にだけは、気づかれたくない…

そんな思考に囚われていた私は、ショータローの声で一気に目が冷めた。
間近で聞かされた大きな声のせいでキィ-ンとする耳を押さえながら、まだ楽屋に残っている共演者の面々を思い出し、私は慌てて周囲を確認した。

       ふぅっ、よかった、、、まだ誰も出てきてなかったみたいで安心したわ。

胸を撫で降ろした後で、文句の1つでも言ってやろうとした時だった

ショータローにきつく抱きしめられたのは         

「?!」

びっくりして一瞬、頭が真っ白になった…。
く、苦しい…なんで、いきなりこんなこと…ハッ、もしやこれは新手の嫌がらせっ?!
そうよ、こんな場面をあのコたちに(共演者その他大勢)見つかったら、、どんな騒ぎになるか、、、

              それに、さっき…ショータローは大声で私に向かって、なんて言った?

「ざけんな…!お前は俺のもんだろっ!!」

…って確かに言ったわよね???

どっちがふざけたこといってんのよ!
誰がいつアンタのもんになったって??…寝言は寝て云えって言うのよ!!

イヤ電(嫌がらせ電話)はしてくるわ、携帯は破壊するわ、挙句に俺のもん発言っっ
…私を捨てたのはあんたのくせに、何考えてるのよ??

       嫌だわ、未だに私のこと言いなりに出来るって思ってるのかしら?!

だとしたら、本当に救いようもないくらい愚者(ばか)な男ね…

こんな風に抱きしめられたって何も感じない…

あの人にされた時は、役が抜けてしまうほどドキドキしたのに       


           なんだろう、この感覚…


ショータローを憎む気持ちがなくなったわけじゃないのに、
あの人のことを考えるだけで、穏かな気持ちになれる自分がいる…。

「君は もしかしたら不破への恨みが 消えていってるんじゃないのか・・・・・・」

そんなはずはない…
あの人にそう訊かれた時はまだ…煮えたぎる程、憎いって思ってたはずなのに…

どうして            …? 

「・・・…」 

(↑ これ以上考えるとまたアホ面になってしまう気がして考えることを放棄したキョーコちゃん…)

それにしても、…ショータローは、いつまでこうしてるつもりなのかしら?

仕方ないわ、言ってもわからないんだから、アンタに…見せてあげる。

         あの頃の私とは違うんだってところを。



→ 11話へ続く



素敵なスキビサイトの旅へLet'S GO! → スキビ☆ランキング

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。