プロフィール

みー

Author:みー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


月と星と妖精ダスト

  蓮誕まであと・・・

検索サイト


Ranking


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
☆Novel contents☆ 

(SIDE キョーコ)

『月の妖精』をつけて眠るようになってから、毎晩のようにあの人の夢を見るようになった。 優しく私を包み込む彼の微笑み…彼のつま先を踏まないように、笛の音に合わせて踊るポルカ。
楽しげな音に、空から降りてきた星が銀色の羽を震わせて私に囁く。

素直になっていいんだよ?キョーコちゃん…キョーコちゃんの幸せをみんなが祈ってるよ。
大丈夫だから、ほら、ね、彼もずっと待っててくれてる…。

そんな妖精たちの優しい声が聞こえてくるよう…。

太鼓に合わせてタンバリンを鳴らして…愛しそうに私を見つめる彼の瞳。
満月が暗闇を渡る中、篝火に想いを乗せて…魔法の夜は終わらない。
言葉にしなくても感じる…彼の瞳が、私を捕らえて離さない。

自分の心に鍵をかけて、あの人からの言葉にも心を閉ざしてきたのは私なのに      

そんな幸せな夢から目を覚ます度、どうしようもない寂しさに襲われるようになってしまった。
彼が恋しくて堪らなくて…涙が自然と零れてしまう。
このままじゃダメだって思った。

あの夢を見るようになったのはコレをつけてから     
だから、外してしまえばいい。
そうすれば、目覚めた後のあの切なさから解放される。
これ以上、あの人に囚われない為にも外してしまったほうがいい。
そう思うのに、彼を求める心が悲鳴を上げてる…溢れ出した想いに負けそうになる。

意地悪な先輩の、たちの悪い冗談だと聞き流してきた愛の言葉。
本当は嬉しかったのに…。
私が冗談に摩り替えるたび、切なげに歪む彼の顔が忘れられなくて…
だけど、ソレを受け入れてしまったら、もう戻れなくなる。

私は愚かな女になってしまう。

彼につけられる傷なら、どんな傷であろうとも愛しいと思ってしまうそんな世界一愚かな女に。

そんな愚かな女が愛する人を失ったらどうなるの?
付き合う前から別れる事を考えるなんてナンセンスだと、人は言うかもしれない。
だけど、私は…愛されたいと願った人から愛されたことがないから…。

           愛され続ける自信がないんだ。

必要とされる人間でい続けなければ…いつか捨てられる。
それを考えると怖くて、だってきっと、耐えられない…。
ショータローとは違うから、愛しくて堪らないあのヒトを…
憎むことなんてきっとできないと思うから。

怖くて…踏み出せないでいる。

それなのに、あの人を見かけるだけで、胸が震える…。
夢の世界の話なのに、あの人と夜毎に繰り返す魔法の夜が幸せすぎて苦しい。
夜が明けてもそばにいて欲しいと願ってしまう私がいたから。

信じてもいいの? 愛されたいと願っても…

そんな想いで彼を見つめてしまう自分に気がついて、逃げ出した。
ブレスレットを外して、そっと引き出しに仕舞った。
眠ってもきっと、あの夢はもう見ない…もう彼に会うこともない。

        そう想うだけで涙が溢れてきた。

彼を恋しく思う気持ちに変わりはなくて、結局その日は眠れなかった。

素直になって…いいんだよ?彼は大丈夫だから       と、
呪文のように繰り返された言葉…
優しい妖精たちにたくさん魔法をかけてもらったじゃない。

勇気を出して、キョーコちゃん。幸せになりたいんでしょう?
幸せになって、キョーコちゃん。

キョーコちゃんを幸せに出来るのは        … 

「今夜…お時間を作ってもらえますか?お話したいことがあるんです。」

その日、私は…自分の為に生まれ変わる決意をしたんだ。

→ 4話へ続く

素敵なスキビサイトの旅へLet'S GO! → スキビ☆ランキング





スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。