プロフィール

みー

Author:みー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


月と星と妖精ダスト

  蓮誕まであと・・・

検索サイト


Ranking


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
☆Novel contents☆ 

昔、感想等で書いた事があるので、ご存知の方もいるかと思いますが
先生にいつか必ず拾って欲しい伏線ネタのひとつ…
それが、キョコちゃんが贈った蓮さんへのプレゼント!!ですよね?

みーさんは何だと思いますか?? という質問に対してSSでお応えします。
(通常、キリ番のときとかにしかリクエストは受け付けてないんですけどね♪) 

登録して2週間でswitchを10回も読んでくれたという…ツワモノのM様に
みーの作品を気に入ってくれてありがとうという感謝を込めて贈ります。



開かずの魔collections

        もうすぐ、敦賀さんの誕生日がやってくる。

今度は日にちを間違えたりしない…二人で迎える初めての誕生日だから。

そういえば、去年の誕生日プレゼントはどうしたんだろう?

『こんなの使えないよ』って、やっぱり困らせちゃったのかもしれない。
人前でうっかり取り出して恥かしい思いをさせていたり……!!

今更だけど、あんなのあげるんじゃなかった~~~~~っっ!!

でも、敦賀さんに見合うブランド品なんて私には買えないし、
あの時はアレしか思いつかなかったからっ…

・・・何気なく楽屋に置かれてた旅行雑誌にそれは載っていた。

『 旅先でも心地のいい眠りを テン○ュール トラベルピロー 専用ポーチに入れて持ち運びも楽々♪ 』

その広告を見た瞬間、コレだって思ったの。

「…君の       …膝…を…貸してほしい…っ」

膝枕を貸した夏の日、敦賀さんは枕がないと眠れないんだって言ってたから。

だけど、考えてみれば、仕事の時も自分で運転する敦賀さんには使う機会なんてほとんどなかったはず…
やっぱり、使ってもらえなかったんだろうな…使わないから、処分しちゃったのかもしれない。

敦賀さんのマンションで暮らし始めて3ヶ月が経つけど、あの時のプレゼントはどこにも見当たらなかった。

今年は何を贈ったらいいんだろう…
そんなことを考えながら敦賀さんを観察していた私は、ある日…目撃してしまった。

夜な夜な起き出して、とある部屋に姿を消していく彼の姿を。

そこはマンションの一番奥の部屋…
ハウスキーパーさんも掃除した事がないというその部屋には当然、私も入った事がなかった。

広いマンションだから、気にしたこともなかったけど…こんな時間になんで?

気になった私は、そぉーっと彼に気づかれないように忍者の如く、すり足で彼の後を追った。

一緒に暮らす事になったとき…

「…家事は得意なんで任せてくださいっ」

って言った私にあの人は言ってくれた。

「俺は君と一緒にいたいんであって、家事を任せたいわけじゃないよ。
…学校と仕事の両立だけだって大変なのに、仕事だってどんどん増えてきてるだろう?」


アイツと違って、二人の時間を大切にしようとしてくれてるのが彼から伝わってきた。

ヒール兄妹の時とは違う、甘さだけじゃなくスリルも伴う暮らしに最初は乗り気じゃなかった私だけど、彼の熱意に負けてしまった。

あの人から逃げ出そうとしたのに、必死に追いかけてきて…私に愛を教えてくれた人。
私よりも苦しそうな顔で告げられたその言葉に抗う事なんてできなかった。

「ずっとそばにいる…もう、一人で泣かなくていいんだ…お願いだ、俺のそばにいて欲しい」

付き合う事になったときに聞かされたあの人の秘密には、びっくりして泣いてしまったけど、あの人がコーンでよかった。

私は生まれて初めて、彼に出逢わせてくれたことを神様に感謝した。

そんな彼の…広いマンションの一室にある開かずの間。

倉庫代わりに使ってる部屋だから、、、と彼は言ってたけど、きょろきょろと誰もいないのを確認して部屋へと入った彼に思わず首を傾げた。

       あの部屋には、何が隠されてるの?

だけど、クオン・ヒズリだと明かされた日、これ以上の秘密はないよって彼に言われた。
彼の過去を知って、日本に来た意味を知った後で、アメリカでのことも(女性関係)気になるなら話すけど、俺が本気で好きになったのは君だけだからって真剣な目で言われて、それ以上聞けるはずもなかった。

実際に聞いたとしても腹が立つだけだろうし、どんな過去であろうと今、彼を好きな気持ちが変わるわけじゃない。

         私はあの人を信じてる。

…だから、あの部屋の中から、過去の思い出の品や(前カノとの写真とか)、、、
私には秘密にしたい…怪しげな大人の本やDVDがたくさん収納されていたとしても驚かないわ!

見なかったことにするから!!と開かずの間への好奇心に負けた私は、音を立てないようにドアから明かりの漏れるその部屋を覗いた…はずだった。

「…いやぁ~~~~っっ/// なんでぇっ!」

バーンッと扉を大きく開け、深夜だというのに大声で叫んでしまった。

飛び込んできたのは、部屋いっぱいの…私の顔だった。
非売品のものから、いつ撮ったのかわからないプライベート写真までが所狭しとたくさん飾られていた。

こんな…っっ どこをみても自分がいるなんて/// はっっ、恥かしすぎるっっ/// 

「いやぁ~~~っっ/// あれもこれもっっ…なんで、敦賀さんがそんなの持ってるんですか~~っっ!」 

彼の手に握られていたのは先日取ったポスターのスナップ写真…
でも、先方からイメージと違うからってことで、衣装を変更して、来週撮り直しをする予定になってる。

敦賀さんには言えずにいた水着の仕事だったから、衣装が変わることになってほっとしてたのに、、、何で持ってるのぉ?!

彼から写真を奪って、口をパクパクとさせていると、しれっとした顔で彼は悪びれずに言った。

「…あー…バレちゃったか」

「…なっ…バレちゃったって、、、もしかして?!」

衣装が変更になったことに、敦賀さんが関わってるってこと?!

「…水着の仕事だなんて聞いてなかったからね…でも、衣装変わったんだろう?
今度はオファーを受ける前に内容もよく確認してからにしよう…ね?」


目が笑ってない…ビンゴだわ!…誰かウソだと言ってぇ~~~っ、、、(泣)

「そ、それは…で、でもなんで敦賀さんがその写真を?!」

「あー、可愛かったから全部もらって(没収して)きたんだよ」

にっこりと微笑む彼は、さりげなく私の手から写真を取り返すとアルバムに貼っていく。

「可愛いからって…/// え??…全部もらってきたってどういうことですかっ」

「…まぁ、キョーコは気にしなくても大丈夫だから」

パタンと貼り終えたアルバムを棚に仕舞うと、彼は部屋から私を追い出そうと背中を押す。

「大丈夫って…と、とにかく…この部屋のっっ何とかしてくださいっっ」

踏みとどまった私が抗議すると彼は平然とのたまった。

「なんとかって…ここには俺の大事な物しかおいてないよ?」

その部屋をぐるっと見渡すと、見覚えのあるラッピングが飾ってあった。

「って…あっ、あれはっっ…去年のプレゼント!」

こんなところにあったんだと近寄ると、後ろからばつの悪い声が聞こえてきた。

「あー…ごめん、せっかくくれたのに…」

「捨てたわけじゃなかったんですね…」

「捨てるわけないだろっっ、君が俺を想って選んでくれたものなのに…っっ」


「でも、使ってくれなきゃ…プレゼントの意味がないじゃないですか!」

「あー…うん、ごめん…勿体無くて…それに枕がないと眠れないって言ったのは嘘なんだ」

「えぇっ?!」

「だけど、あの日、キョーコの膝枕で癒されたのは本当だよ…
うん、…やっぱり、キョーコの生脚の方が好きだな」


「なっ///」

生脚って・・・///

「またしてくれる?今日は俺が腕枕してあげるから…それとも、ぐっすり眠れるようにもう1回…」

もう1回っっって~~、夜の帝王を光臨しそうになった彼の気配に慌てて、部屋を飛び出した。 

「寝ましょう!今すぐ!睡眠不足は美容の大敵です!!」

「…クスっ じゃあ、そういうことで」

開かずの魔コレクション… これが父譲りの趣味である事を彼女はまだ知らない。 

秘蔵コレクションを誇らしげに見せ合い、その重量級の愛を競い合う父と子のやりとりを知るのは、彼女が母となる数年先の話である。


~FIN~


数年後といっても、遠い話じゃなさそうだ…(笑)
というわけで、、、みーは、トラベルピロー(携帯枕)じゃないかと思っております。
大きさもちょうどそんな感じだし、1万前後で買える寝心地のいいトラベルピローを
お取り寄せしたんじゃないかと…。

みなさんは何だと思いますか??

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

開かずの間

これがなくとも、秘密の戸棚は確実にありますよね!キョコさんコレクション・・・確か持ってましたよね。ヤッシーに貰ってきてもらったもの。(うろ覚え)

キョコさんの恥ずかしいプレゼント。なんだったんでしょうね。(≧∀≦)

Re: 開かずの間

ヤッシーは良子さんに借りただけだったから、、、さわらさんに手配してもらってましたね。
確実にコレクションされてるでしょうね~♪

取り寄せたメーカー名かなんかが、C-ing だったんで、
C-ing → しんぐ → 寝具 → まくら? 
で、いい線いってると思うんだけどな~(≧∀≦) なんでしょうね~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとうございます

cーingで寝具 … ご賛同頂けてよかったです。(笑)
このメーカー名らしき名前が、当時から密かに気になってたんですよね~

エビふりゃーのセバスチャンが印象的な、、、
あのキョコちゃんのプレゼント回想シーンのセリフを見たときから、
プレゼントは枕じゃないかって思ってたんですが、
今回お話を書くにあたって、、、気がついたというか、思いつきまして。
より一層、そうじゃないかと妄想に確信を得たような気分になりました。(笑)
なので、その部分にご賛同頂けて嬉しいです。
まぁ、そうはいっても仲村先生はいつも、斜め上を行く方なので、
真相が本誌で語られる日がいつか来ると信じて、答え合わせを楽しみに待っています。
お話、楽しんでもらえるよう~これからも頑張りますね♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。