プロフィール

みー

Author:みー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


月と星と妖精ダスト

  蓮誕まであと・・・

検索サイト


Ranking


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
☆Novel contents☆ 

この作品は、『夢幻 ~君へのLIBIDO~』の続編的番外編…CM撮影編になります。


 誘惑 ユ・ウ・ワ・ク ~君がもっと欲しい~ 

ACT1. キスマーク

(SIDE 蓮)

それは、彼女にきたCMのオファーだった。
ドラマでのナツが評判を呼び、彼女に化粧品のCMの話が舞い込んだんだ。

そのCMのコンセプトは『誘惑』 

彼女が、天使のような清純な姿と色香の漂う妖しげな小悪魔に変身して男を誘惑するという内容のもの。

『あなたはどっちのワタシが好き?』 というキャッチコピーで売り出す季節限定のコスメキットは、白とピンクのポーチに入ったANGELバージョンと黒と赤の小悪魔バージョンが販売される予定らしい。

彼女の誘惑する相手が、アイツじゃなかったら…こんな気持ちにはならなかった?

これから先、彼女が共演者たちと繰り返していくだろうラブシーンを想像してみる。

…ダメだ!相手がアイツじゃなくても…
俺以外の男が彼女のあの白い肌に触れ、甘い唇に触れるなんて我慢できそうにない。

役者のための心の法則なんて、彼女の前には通用しないらしい。
胸がざわつく…嫉妬でおかしくなりそうだ。
こんなにも彼女に溺れるなんて思いもしなかった。
だけど、この気持ちとうまく付き合っていかなきゃいけないんだ…。

彼女と俺は、役者として高みを目指す同士でもある。
…同じ方向を見ているんだから、そう、頭では理解しているのに…ため息が零れてしまう。
たったひとりの…愛しい人。
さっきまで一緒にいたのに…君に触れることも、許されたばかりだというのに…

          もっともっと、君を感じていたい。

…次から次へと欲張りになっていく自分が嫌になるほど、君に嵌ってる。

ねぇ、俺のお守りは君を守ってくれるだろうか…?


(SIDE キョーコ)


「 うぅ~~~っっ/// もぉっっ…敦賀さんってば!!」

ナツとセツのおかげで、メイクも少しは上達したとはいえ、こんなところでその技を駆使する羽目になるとは思いもしなかったわ…/// 

あの人のことだから、絶対わざとだわ!!…騙されないんだからっっ
む、夢中だったからって云われてもっっ///…
私も途中から記憶が飛んじゃってて…その、よくは覚えてないけど…///

でもでも~~~っっっ あの人がうっかり…なんてことは絶対ありえないんだから~~っっ!

*******

彼と付き合い始めて3ヶ月。モー子さんには私から伝えたけど、やっぱり、会う機会が多かったミューズには云わなくてもバレテしまった。

セツとして彼のそばにいられるのもあと僅か…
いつまでも、キス以上のことをしてくれない…彼の疲れた表情や、小さなため息が私をすごく不安にさせた。

そんな私を見かねてか、ミューズが言ってくれたの。

「ねぇ、キョーコちゃん、キョーコちゃんから迫ってみたらどうかしら?」

何をっ…/// なんて口にしなくても、ミューズにはすべてお見通しだったみたい。
だって、ミューズが私にプレゼントしてくれたのは…///

「コレをきて、キョーコちゃんから抱きつけば、さすがの蓮ちゃんもイチコロよ?」

うふふと笑ってミューズが私にくれたのは、すごくセクシーな下着だった。

(…ぬ、布が少ないうえに~す、透けてるぅっ///)

こんな破廉恥極まりない下着を着て…自分からなんて~~っっ///

真っ赤な顔で固まってしまった私に、ミューズは淡々と話を続ける。

「そうそう、蓮ちゃんのことだから、大丈夫だとは思うけど…
明日はキョーコちゃん、撮影を控えてるのよね?」


「え?、あ、はい…」

そうだ、明日はショータローとのCM撮影。

こんな気持ちのままじゃ、アイツを誘惑する演技なんてできない…。

CMのオファーが来た翌日、ショータローがドラマの撮影現場に現れた。
カオリ達と楽屋に戻ろうとしていたその廊下に寄りかかるようにアイツは立っていた。

あの人を確実に不機嫌にさせるだろうショータローとの共演話に私は躊躇していた。

時折見せる彼の疲れた顔が、私をすごく不安にさせていたから。
目の端にショータローを捉えながらも、無視して通り過ぎようとした私に…

「逃げるのか    ?」

ショータローが言った。
私を挑発するように、次から次へと並べたてられる言葉に、つい…悪い癖が出てしまった。

私が芸能界に入った一番の目的は、私を捨てたショータローを負かすことだった。
そんな私がアイツを誘惑するなんて、少し前の私なら絶対に出来ないって思ってた。

だけど、私は演じる楽しさを知って、相手を本気にさせるあの人の演技に魅せられてしまった。

私も相手を本気にさせるような…彼の様な役者になりたい。
一流の俳優になりたい…って        

それに、フィールドの違うアイツを負かす…これは絶好のチャンスじゃないの?

演技でショータローを本気にさせる…
私を恋愛対象になんて思っていないアイツをその気にさせられれば、それは私がアイツに勝ったことになるんじゃない…?

そう思って、売り言葉に買い言葉…そんな勢いのままにCMに出ることを決めてしまった。

でも、敦賀さんのため息の数が増えていく度に、私はわからなくなってしまった。


******


「…コちゃん?聞いてる??」

「え?」

「もぉ~…いいわねぇ~うふふっ…青春って感じ?」

なんて、からかわれながら…ミューズが教えてくれたのは、キスマークの消し方だった。

「まずね、蒸しタオルを患部にあてて血管を膨脹させてからコールドクリームで…
マッサージを繰り返せばキスマークは消えていくんだけど、時間が無い時はコレよ!」


そう言って渡されたのがコンシーラー…
自分の肌よりやや暗い色のコンシーラーをキスマークの上に塗って…
スポンジでぼかした後に透明パウダーを…

まさか、本当にこの知識が役に立つなんて…っ///

「…いつもの蓮ちゃんだったら、そんな心配も要らないとは思うんだけどね、知っておいて損はないから」

そう言ったミューズには、それまでにもメイク用品から、メイクの仕方…いろんなテクニックをレクチャーしてもらっていた。
セツを演じる傍ら、ナツで注目を浴び始めていた私は、素顔のキョーコから…女優『京子』を作り上げていかなければならなくなっていたから    

みんなが憧れる女性…女子高生のカリスマ的存在のナツは、BOX”R”というドラマの枠を超えて…
視聴者にそういう存在として映っていったから。

ソレを演じる私も、そのイメージを崩すわけにはいかなかった。

そう、だから     今日の撮影で私は、キョーコじゃなくて、京子としてアイツの前に立つの。

今の私ならできる        

そうよ、京子は私が作り上げてきたもう一人の自分、役によって何色にも染まる変幻自在の存在。

アイツだけじゃなく…すべての男性、ううん女性までも魅了するような演技をしてみせるわ。

→ 2話へ続く
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。