プロフィール

みー

Author:みー
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


月と星と妖精ダスト

  蓮誕まであと・・・

検索サイト


Ranking


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
☆Novel contents☆ 

こちらは『LME Studio』にて公開していた作品の再録になります。

麗しい二人のイラストは、SNOW VANILLA・ゆりぽぽさんに書いていただいたものです。

では 追記よりどうぞ~♪


Sweet ♡ Beer  

「久々の共演がビールのCMだなんて…キョーコちゃんも大人になったよなぁ」

準備が整えられていくスタジオの片隅で、一人感慨に浸っていると、さっきの独り言に背後から返事が返ってきた。

「…ですね、最近の彼女は、演技にも艶が出てきましたしね」

振り返ると、そこには柔らかい目をした緒方監督がいた。
その視線の先には、スタッフから説明を受けているキョーコちゃんと、笑顔の蓮がいる。

( …破顔…)

蕩けんばかりの笑顔になってる…自覚なんて、きっとないだろう担当俳優に、内心ヒヤヒヤしながらも、それもまぁ、今回の役どころなら仕方ない…否、問題ないかなと、流している俺。
終始ご機嫌の蓮を相手に、困ったようにはにかむキョーコちゃんは…今や蓮と並ぶLMEの看板女優に成長した。

役によってまったくの別人に変身する『京子』 …共演者は皆、素の彼女とのギャップに驚かされ、また、彼女の持つ多才さに舌を巻く。料理に裁縫、お花にお茶…かじった程度だと謙遜しながらも、その実力はそれを本業とする職人からも一目置かれる…跡継ぎ(嫁)にと切望されるほどの腕前だっていうんだから、本当…すごい娘だよな。
実際、今回の起用だって、キョーコちゃんの料理の腕前を知ってのオファーだったらしいし…。

そんな彼女に、女性としての『艶』をプラスしたのは、、紛れもない蓮本人であることを俺は知っている。

自分で自分の首を絞める結果になってしまった…蓮としては、複雑なんだろうけど、、、
オフの度に、毎度あてられる独身男の身にもなって欲しいよ、、、なんて、つい愚痴りたくもなる。

どうやら、二人の関係は監督にもバレてるみたいだし…。

まぁ、蓮本人に隠す気がないんだから、仕方ないんだけど…っていうか、本当、それじゃ困るんだけどさ。

キョーコちゃん、綺麗になったもんなぁ…と、監督の言葉に相槌を打つように頷くと…

「どうやら、軍配は不破君じゃなく、敦賀君のほうに上がったようですね、…この分なら良い画が撮れそうだ」

(…なっ?! 監督っっ…どこまで知って…)

その言葉に思わずギョッとしたが、そんな俺に気づくこともなく、監督は目をキラキラと輝かせて二人に近づいていくと、撮影開始の合図を告げた。

*******  Sweet ♡ Beer 〔CM〕

夕闇に包まれたマンションの一室…広めのベランダには友人達が花火を見るために集まっている。

ヒュ~~~~…ドドドーン… 空を彩る花火に歓声が上がる。

ベランダのテーブルに並べられたビール瓶…そのうちの1本を手に、室内へと向かう人影…

キッチンには、美味しそうに盛り付けられたお皿を見て、笑顔を浮かべる京子がいる。
そんな京子の背後から、抱きしめるように長い腕が伸びてきて…
京子が振り返るのと同時に、パクリと口に運ばれた料理。

「…ん、美味しい」

指をぺロリと舐めあげる蓮を見上げて、京子は上目遣いに可愛く睨んだ。

「…もぉ、つまみ食いしちゃダメッ!みんな待ってるんだから」

彼女を見下ろして…にっこりと微笑む蓮は、

「…俺は二人きりでも…(独り占めできるから) よかったんだけど、ね」

そう言いながら、グラスにビールを注いでいく蓮。(深みのあるピンク色をしたフルーツビール)
一つを彼女に持たせると、カチンとグラスを鳴らしてそのまま一気に飲み干す。
その姿を見て、もぉ…っと、照れながら同じようにビールを口に運んだ京子が驚く。

「…甘いっ」

頬をほんのり染めた京子が嬉しそうに微笑み、みつめあう二人。

花火の上がる夜空をバックに商品の映像がアップで写され…

『 Sweet ♡ Beer  甘酸っぱい果実のBEER (全6種類) 』  今なら、京子のオリジナル(酒の肴)レシピ 付いてます!

花火に照らされて重なる二人の姿が再びクローズアップされ、近づく二人の足元の映像に、蓮の声が別撮りでのる。

sweetbeer_yuripopo_1004.jpg

       いろんな恋の味…(一緒に) 体験してみる?」

*******

7月から流れ始めたそのCMの反響は大きく、雑誌でも女子会などの特集で話題の商品として注目され、売り上げを伸ばしている『 Sweet ♡ Beer 』         種類も豊富で可愛らしいラベルのついたそのビールを、彼女も気に入ったようだ。

「ん~~、本当に美味しい~~っ 甘くて飲みやすいから、飲み過ぎちゃいそう…」

ほんのりと染まった頬、とろんとした瞳… 

( 可愛い過ぎるだろっ/// )

けど、あのCM…全国に流れてるんだよな…それを思うと、仕事とはいえ、正直、複雑な気分になる。 

「……」

「…あ、敦賀さんには甘過ぎ…ました…よね?すぐに別の用意しますね」

反応のない俺に彼女が気づいた。
何かを察知したからなのか…慌てて立ち上がろうとする彼女の手を掴んで、グイッと抱き寄せた。
膝の上に彼女を乗せて…にっこりと微笑んで、耳元で囁く。

「…甘いのも好きだよ?」

君と一緒なら何でもいいんだ…例え、どんなにマウイ食べ物でもね。

一緒にこうしてお酒を飲んで…誰も知らない彼女を、俺だけが知ってる。

俺は今、すごく、しあわせなんだ        …でも、だからこそ…怖くもなる。

            誰かに君を奪われるんじゃないかって…

本当は誰にも見せたくない…君のすべてを全部俺だけのものにしたい。
…そんな自分勝手な欲望が、俺の中で渦巻いてる。

でも、そんな格好悪い姿は見せたくないから、先に君を酔わせて…しまおうか。

「飲み比べ…しようか?」

「…え?」

「明日はオフだし、全種類…キョーコなら試してみたいんじゃないかと思って…ね?」

その言葉に、好奇心旺盛な彼女は目を輝かせてウズウズしてる。

あの日、1種類しか飲めなかったことをすごく残念がってた彼女。
その話を聞いたスポンサーから、事務所宛に大量のビールが届いたのは言うまでもない。

キッチンへと向かった彼女が、背を向けたまま小さな声で呟く声が聞こえた。

「…もぉ…っ…どんなお酒より、酔わせるのが上手いんだもん…困っちゃう///」

「っ…///」

それは君の方だろって、、、俺は思わず聞こえない振りをして顔を手で覆った。

『 Sweet ♡ Beer 』 大人になった君と飲む…そのビールは甘いだけじゃない。

やみつきになるソレは…恋の味…だからかもしれない。

~FIN~





スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。